お得情報満載

生活向上サイト

生活

プロが教える狭山丘陵で【ノコギリクワガタ】の捕まえ方

更新日:


こんにちは、6月3日、ノコギリクワガタ捕まえました。今回は東京でのこぎりクワガタを捕まえる方法を紹介します。

僕は東京生まれ東京育ち小学生に入る頃から昆虫採集に夢中でした。夏季になるとカブトムシやクワガタなどを追いかける毎日、とても充実した青年時代を送ったと思います。

かれこれノコギリクワガタを捕まえて20年以上になります。やはりノコギリクワガタの水牛の角は子供たちを魅了します。

そんな中、1点だけ難点がありました。八王子、青梅、桧原村、羽村などを除く東京でノコギリクワガタをとることは比較的むずかしいのです。

そして地方へ行くと街灯採取と呼ばれる昆虫採取のやり方ができますが、東京のノコギリクワガタはほとんど通用しません。

小学生の時はやはりこの格好いいノコギリクワガタをとることが一種のステータスでもありました。それもそのはず、ノコギリクワガタは小さな子供が中々捕まえることができない習性をしているからです。この習性はあくまで東京のノコギリクワガタに観られる習性です。

もしこの東京のノコギリクワガタの習性を把握することができたらむしろ東京でノコギリクワガタを捕まえることは非常に簡単になります。

もし東京に在住しているパパさんがいたらこの記事で紹介するノコギリクワガタの捕まえ方を一読してチャレンジしてみてください。

記事の後半では新宿から車で40分でいけるノコギリクワガタがたくさん採れる(この記事のやり方を理解した場合)場所を教えますので頑張って読み進めましょう。

木の種類を選別せよ!

さて上の写真を見ていただくと2本の木が見えます。左はクヌギそして右はコナラです。クヌギとコナラは昆虫が大好きな樹液を出すためノコギリクワガタもよってきます

もちろんこのほかにも竹、クリ、柳も樹液を出しますが東京では珍しいのコナラとクヌギ以外の木の話はしません。

東京のノコギリクワガタの習性としてコナラよりもクヌギの木に集まる習性が高いというデータを集めました。割合的にクヌギ:コナラは8:2位に分かれます。

もう少し具体的に木を選別する3つの方法

この技はある程度経験も必要ですが一応紹介します。昆虫は樹液に集まるという話はしました。もし樹液が出ている木があれば樹液が出ている付近に蛾やスズメバチそしてカナブンが飛び回っています。

目の高さに樹液が出ている場合は一目瞭然ですが木の高い所に樹液が出ている場合は見落としがちです。なので木の高い位置もしっかり見ておくことが必要です。

そしてもう一つは樹液の臭いです。林や森の中で歩いていると樹液の臭いで近くに樹液が出ている木があるかどうかがわかります。もし樹液の臭いがしたら一度足を止めてゆっくり探してみましょう。

最後は昆虫の羽音です。昆虫の羽音はこれから近くの樹液を食べに行くために飛んでいるのかもしくは食事を終えてどこかへ飛んで行ってしまうのか分かりませんが、昆虫の羽音がした時も一度足を止めて周りをじっくり探してみましょう。

ノコギリクワガタが採れる時間は?

これは既に周知の事実ですがノコギリクワガタやカブトムシは夜行性なため夜または朝早く採りに行くことがベストです。

しかしながらノコギリクワガタの習性を知ることにより昼夜問わず捕まえることが可能です。

ノコギリクワガタは木の高い所にいる


これがおそらく小さな子供がノコギリクワガタを中々とれない問題に直結するノコギリクワガタの習性なのです。地方に行くと目の高さで簡単にノコギリクワガタを採れてしまいますが、東京ではそうはいきません。

なので木を蹴り木に振動を与えることによりノコギリクワガタを振り落とします。

クワガタは外敵に狙われるのを嫌がるため何かあると身体を小さくして死んだふりをします。その時に木にしがみつくことをあきらめます。

その習性を利用することでクワガタは木から落ちます。但し抵抗するクワガタもいますのでより強い振動を与えるしかありません。

ノコギリクワガタを振り落とすために大人の脚力が必要


さてもし子供の脚力でノコギリクワガタを振り落とすことができなかったら大人の脚力が必要です。ここでパパの力が必要なんです。

ダッチ〜
パパ!ここでパパの株をあげるチャンスですぞ!

大人が蹴ることにより木に強い振動を与えることができノコギリクワガタを木から振り落とせる確立が格段に上昇します。蹴って蹴って蹴りまくりましょう。*ハンマーとか石を使わないようにしましょう。

一旦まとめ

ポイントをまとめる

  • クヌギかコナラに絞る
  • 昆虫の飛び交い、臭い、羽音に注意
  • ノコギリクワガタは木の高い所にいる
  • 大人の脚力が必要

ノコギリクワガタ採りの注意点

僕は運よくスズメバチに刺されたことはありませんが、もし昼間にクワガタを採りに行こうとすると必ず危険が迫ります。それはスズメバチです。しかもオオスズメバチなので刺されたらひとたまりもありません。

もしスズメバチがいた場合は速やかに退避しましょう。運がいいことにノコギリクワガタは木の高いところにいるか木の高いところに出ている樹液を吸っている場合が多いので特に気にする必要はありません。

一応樹液にオオスズメバチも集まるので注意してくださいとでもいっておきます。

ノコギリクワガタの飼育の仕方

さてもうすでにノコギリクワガタを捕まえた前提で話をすすめていきますが、飼育の仕方はカブトムシと同じです。できる限りノコギリクワガタの寿命を延ばしてあげましょう。

ノコギリクワガタの飼育には虫かご、昆虫ゼリー、霧吹き、木株、くぬぎマットが必要です。

楽天などでまとめて買うか100円均一で簡単に手に入ります。

飼育ポイント


1.霧吹きは毎日数回で大丈夫
2.1週間に1回はマットを干す
3.スイカはあげないで
4.カブトムシと一緒にしないで

さて、飼育ポイントを紹介しました。ここで重要なのが餌は昆虫ゼリー以外はやめましょう。理由は簡単で虫がわきます。こばえが虫かごの隙間から侵入して大変です。

マットはこまめに日干ししたり新しいマットに変えてあげないとダニがわきます。

そしてカブトムシと一緒にすると餌を採られたりケンカをしたりで早死にさせてしまうため、カブトムシかご、クワガタかごに分けるようにしましょう。

さて、お待たせしました、最後に東京(八王子、羽村、青梅、奥多摩)を除く場所でノコギリクワガタが採れる場所を紹介します。

西武ドームの南に位置する東京都東大和市郷土博物館の裏側に八幡幼稚園があります。そのあたりにアスレチックがありますので日中は駐車場もあり車もしっかりとめられます。

そこら辺のクヌギの木だけに1点集中して蹴って蹴って蹴りまくります。頑張ってくださいね!。

-生活

Copyright© お得情報満載 , 2019 All Rights Reserved.