お得情報満載

生活向上サイト

GraphicMama-team / Pixabay

障害者転職

障害者が転職失敗する原因とその対策や解決方法

投稿日:

こんにちは。この記事は障害が転職して違和感を感じてしまった原因などをまとめそれぞれの失敗を回避する方法や解決策を述べていきます。

もうすでにそんなの知ってるよ!と言う方はこのページを閉じていただいてもかまいません。もし興味があれば最後までお付き合いいただけたらと思います。

実はこのできごとは他人ごとではなく私自身も経験した最悪の思い出でもあります。しかしながら過去の反省を踏まえ現在は安定した素晴らしい会社で働いています。

それでは主題に沿ったテーマの話をしていきます。

障害者が転職に失敗したと思ったできごとを紹介

geralt / Pixabay

一般雇用か障害者雇用か

Aさんは右脚が不自由な身体障害2級の方で派遣社員として働いていましたが安定したいと思い正社員としてある通信会社の子会社に転職しました。

彼は自分も健常者として働きたいと云う思いから障害者雇用ではなく一般雇用で転職に成功しました。

しかしここから彼に思わぬことが起きたのです。それは健常者として働くリスクです。

転職先で働いてから直ぐに新入社員が習慣的に行なっているゴミ捨て当番になり彼は毎朝ゴミを近くのゴミ置場まで運ぶことになりました。

途中で階段などがあり彼にとっては無理難題でした。まさかの展開に悔しい思いをしたそうです。

残念ながら原因は彼の口車にもあります。採用面接の時に一応脚が悪いことを伝えていたのでしたが無理して少しなら耐えられると言ってしまったのです。

確かに彼の健常者で働きたいという思いもわかりますが会社のことをリサーチもせずに健常者と正社員という言葉につられて転職をしてしまった悪いケースです。

そして採用した側は平等に人を雇ったつもりがあたかも障害者をいじめてしまったような雰囲気になり結局彼は転職してから一週間でその会社を退職することになりました。

人間関係に悩む精神障害者

Bさんは小学校の時からイジメを経験し人間が信用できなくなりその苦痛から鬱病やパニック障害を抱えてしまい精神障害2級を取得。

なんとか大学を卒業するも全く人の顔見て話すことが出来ずにたどたどしい行動をしてしまうため就職活動が難航、結局彼女は知り合いのつてで契約社員で事務職につきました。

しかしながら彼女に起きたのは上司や先輩とのコミュニケーション不足。

しっかりとした高校生ならできるほうれんそうが相当できなかったようで上司に注意されてしまい、そのことが過去のトラウマを引き起こし鬱を再発そして退職してしまいました。

障害者が転職で失敗する原因は情報不足

ここで紹介した転職失敗例は障害者雇用に関してあまりリサーチをされなかったもしくは知らなかったケースです。

これらの原因を解決するためにはしっかりとした障害者雇用に関する知識とリサーチが必要になってきます。

障害者雇用の現状は上向き

現在障害の種類も増え企業がそれに対して対応できるように改革が進んでいます。多種多様な人材が働ける職場を提供するダイバーシティ制度を設けている会社が大手優良企業を中心に増えています。

2020年のパラリンピックを機に障害者雇用に関する指針が今以上に変化するのは間違いないでしょう。

障害者枠転職は恥ずかしくない!

現在では障害採用でも初めから給与面で健常者と同じ条件で提示してくれる企業もあります。ありがたいことに今迄働いていた経験年数も考慮した待遇です。

なのでAさんの様なプライドを持っている方でも障害者枠雇用をとおして安心してキャリアを上げていくことが可能なのです。

ハローワークだけが障害者の転職サービスではない!

障害者の転職で失敗しがちな人は実は障害者の転職サービスの利用がハローワークだけという方が非常に多いのです。しっかり情報を集めて転職活動をされた障害者の皆さんはハローワークにいきつつもリクナビNEXTで興味がある優良企業を洗い出し最終的には障害者転職エージェントを活用して転職に成功しています。

リクナビNEXTは転職活動のメインとして使うよりもどんな企業があるのかを確認し興味ある企業を把握する為に最高のツールとしては非常に役に立ちます。そしてリクナビNEXTに掲載されている企業はある程度信頼ができます。

なぜならリクナビNEXTに登録されている企業はリクナビNEXTに高額な料金を支払って掲載させてもらっているからです。そんな資金力もない企業へ将来的に応募しても待遇面で不満が出てきてしまう可能性があります。

よってリクナビNEXTに登録されている企業がハローワークにあればそこを狙うという方法が障害者の転職活動としてとてもスマートな方法と言えます。

障害者の転職なら大手企業を狙え

Free-Photos / Pixabay

ここで述べる大手とは大手親会社からグループの子会社を含める上場している会社をさします。

障害者雇用を推進しているのは国からの規則や法律そして社会貢献を高く掲げるコンプライアンスがしっかりしている大手企業がほとんどです。

大手企業の福利厚生の高さを活かせ!

まず大手企業に転職した方がいい理由ですが障害者の方が心地良く働ける様にバリアフリーや待遇そして労働時間などを柔軟に対応できる措置に今まで以上に力を入れています。

具体例で言うと在宅勤務可能な企業やオフィスに仮眠を取れるベッドが置いてある企業もあります。

身体に異常をきたし急遽仕事に行けなくなった場合は在宅勤務に切り替えたりすることができたり少し休憩が必要と感じた社員がベッドで休めるなど障害者が働きやすい環境を提供している企業が増えてきています。

なので障害者枠で企業に応募して採用されてもなにも違和感を感じずに職に従事できます。

自分の身体を知っているのは自分自身です。無理をしなければならない環境でなにも働く必要はなありません。

障害者枠で入社したからといって引け目を感じではいけません。大切なのは自分の環境に合う職場で安定して働くことです。

障害者は産業医が居る企業を狙え

そしてもう一つの何故大手企業に転職した方がいい理由ですが産業医の存在が障害者にとってメリットだからです。

産業医を雇える程の企業はやはり大手に限定されてしまいますが産業医の存在はかなり大きいと言えます。

産業医は職場の上司に医学的根拠を元に対抗できる助け船になります。

体調が悪くて休みたいけど職場の先輩に言いにくいのは日本人特有の性質でもありますが、産業医が間に入れば診断の結果とともに職場の上司に休養が必要な理由を伝えてくれます。

やはり医師の診断という最高の免罪符があることで精神的な負担はかなり軽減されます。

昇給や昇進制度がある大手を狙え

障害者の中にはかなり優秀な人材も一定数います。

最初は障害者枠で採用されてアレよアレよと昇進していき管理職まで登りつめた人材もいます。

障害者でも昇給制度や昇進制度がある大手企業の方が将来に向けて頑張れるというモチベーションにも繋がりより良い待遇を求めて再度転職活動する必要がなくなります。

障害者転職の場合一般雇用と比べて総合職の求人が少ないのが現状です。

しかしながらステップアップできる環境を提供している会社ももちろんあります。

障害者の方がステップアップできる環境を提供している会社は例えば地域限定総合職など新たな枠組みを作り障害者の方でも転勤なしに昇給昇進が可能です。

最初は転職サイトやハローワークを活用して事務職採用でもいいんです。

昇進制度を導入している会社に行けば実力次第で上のポジションへと切り替えればいいのです。

障害者雇用契約社員から正社員事務職へ切り替えて最後には地域限定総合職で働いている方も実在します。

自分は事務職で十分と思えばそれでもいいと思います。何度も繰り返しますが安定した環境で働くことが仕事を長続きさせるための秘訣です。

部署移動ができる大手企業を狙え

この主題はどちらかというと精神障害者の方の方が知っておくと有益です。

やはり難しいのが人間関係で精神障害者の多くは人とのコミュニケーションを苦手とします。

例えば、中小企業ですとずーっと同じ環境で同じ人達と仕事をすることになります。

運良く職場の人間関係に恵まれた方はいいですがコミュニケーションがうまくとれないとやはりギクシャクした関係は生まれてしまう可能性があります。

そういった意味でも大手企業に転職すれば部署移動のお願いもできますし、大手企業なので割合的に自分の障害を理解してくれる人も多いです。

職場環境、特に対人関係で不安を感じ始めたら速やかに部署移動の申請をしましょう。

大手企業なら可能です。わざわざ再度転職活動をしなければならない精神的負担は減ります。

障害者が転職に失敗しないためには?

Tumisu / Pixabay

この章は今までの内容をまとめたものになります。

第一に何故以前の職場転職が失敗してしまったか洗いざらい原因を突き止めて行きます。

第二に障害者雇用というものをより深く理解する必要があります。

第三に障害者が自分の力を存分に発揮でき尚且つ安定した環境の職場を選ぶ重要性を意識します。

このプロセスを考えることで次の転職でうまく立ち回ることができるようになります。

それを考えると私がお勧めする転職はやはり大手企業で障害者雇用に対して理解があるところを目指すのがいいと思います。

障害者が効率的に転職をするには?

Tumisu / Pixabay

さて対策案は既に説明しました。しかしながらこの失敗しない転職の対策を自分一人で進めていくのは難しいです。

ではどうするか?答えは簡単です。障害専用の転職エージェントとハローワークを併用して活用することです。両方ともサービスを利用しても完全無料になります。

ハローワークは障害専用のブースが設けられており障害者雇用の求人を多く抱えています。

しかしながらハローワークを利用する際に注意点があります。

ハローワークは公共の施設なためどの企業でも求人を掲載することができます。

いわゆる玉石混交で優良企業も俗に言うブラック企業も混ざってしまっています。

なのでここで転職エージェントが力を発揮します。障害者転職エージェントは紹介しても安心な優良企業のみを紹介してます。

転職エージェントは紹介企業が障害者に対して理解があるかどうかやバリアフリーそして福利厚生が妥当かどうかなどを調べて合格した企業を紹介する仕組みを構築してます。

ハローワークはハローワーク独自で大手企業の合同説明会などがありますし転職エージェントもまた独自の合同説明会を開催しています。なので並行して転職活動をすべきでしょう。

障害者転職エージェントのサービスをフル活用する

rawpixel / Pixabay

さて転職準備をハローワークと転職エージェントで並行して進めてる間に転職エージェントのサービスを利用しましょう。

ここで言うサービスとは履歴書の書き方面接の仕方などを丁寧に指導してくれるなどのサービスです。

もちろんハローワークでも似たようなサービスを提供してくれますが障害者専用転職エージェントの場合企業ごとの対策を教えてくれることが最大のメリットです。

転職エージェントのカウンセラーは大手企業の人事部の方と仕事上電話越しだけではなく実際に会う機会があり企業側がどんな人材が欲しいのかなどの要望を聞いているため企業単位での面接対策は非常に心強いのです。

おすすめの障害者転職エージェントはアットジーピー

さて私がお勧めしたい障害者専用転職エージェントは面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】になります。

もっと詳しく

フォローもサービスも障害者に特化しているため一人ひとり障害について詳しくヒアリングをしてくれて丁寧な対応してくれるのがアットジーピーです。障害者の方が安心して受けられるサーブを提供してくれます。転職後も何かあればサポートしてくれます。

転職に成功できたら

さてもし転職に成功したら新しい職場で定着できるかどうかが重要です。過去の失敗を反省しつつ今の職場で自分がどういった障害があってどんな対応をして欲しいのがあらかじめ手紙やメールなどでまとめて上司や職場の先輩に伝えておきましょう。

もちろんセンシティブな内容は無理してオープンにする必要はありませんができる限り自分から働きやすい環境の土台を作っていきましょう!!

まとめ

今回は障害者が転職失敗する原因とその対策や解決方法を述べました。障害者と転職は以前から問題視されてきましたが本当にここ数年かなり改善されてきています。今後さらなる改善が見込めます。

今悩んでいる皆さんにぜひ一歩踏み出していただけたらと思います。ご健闘をお祈りしています。

-障害者転職

Copyright© お得情報満載 , 2019 All Rights Reserved.