お得情報満載

生活向上サイト

Free-Photos / Pixabay

障害者転職

ADHDの方が大手企業に転職できた求人サイト紹介と転職活動立ち回り

更新日:

こんにちは。皆さんは障害者枠で企業就職もしくは転職を目指しているのでしょうか?

もしそうだとしたらこの記事はどんな立ち回りで過去に障害者の方たちが上手に大手優良企業に転職できたかその立ち回りを綴っていきます。

ADHDが障害者枠で転職すると一見健常者と比べると簡単そうに見えますが侮ってはいけません。下手するとどこにも雇ってもらえない可能性が出てきます。

なのでしっかりとした対策と戦力そして立ち回りで上手に大手優良企業への転職活動をすべきなのです。

ADHDは絶対に大手企業・ホワイト企業を狙うべき理由

障害者転職ホワイト企業

Free-Photos / Pixabay

ADHDの方は無理せずに大手優良企業に転職することをおすすめします。ここで言う大手優良企業とは福利厚生の充実とサービス残業の有無です。

ハローワークや転職斡旋会社の求人情報を見るとどんな福利厚生があるのかそして月の平均残業時間など載っています。

しかしながら、

それでも実態は違ったということも実際ありますのでそれを避けるためハローワークだけではなく転職斡旋会社を使うべきなのです。

あとでなぜ転職斡旋会社に登録すべきか説明していきます。

ちなみに優先的に身体障害者が一番転職しやすいと言われていますが平成30年より精神障害者の転職が政府の方率改定によりしやすくなったことも事実です。

なので今では障害の種類より自分が会社に入って実現したいことは何か、会社にとってどんなメリットがあるのかなどしっかり考えて転職活動を行えば特に障害の種類を気にする必要はありません。

それでは過去に障害者枠で転職に成功した人の転職活動の流れを話していきます。

障害者の転職おすすめ

このページはプロの転職カウンセラーが皆様がわざわざ仕事探しのためにインターネット上を探し回ったりする時間を簡略化できるように転職サービスなどの情報を厳選してまとめています。 プロのキャリアカウンセラー ...

続きを見る

害者用求人ハローワーク編

障害者面接

rawpixel / Pixabay

まずお近くのハローワークへ行くと必ず障害者専用スペースが設けられておりハローワークのカウンセラーが障害者の転職を手助けをしてくれます。

もちろんベテランの方もいますし不慣れなカウンセラーもいます。

それでも障害者の為に必死になって募集先の企業の人事課に電話を掛けてくれたりといろいろ助けてくれます。

ハローワークの求人注意点


ここで注意点がありますがハローワークの求人情報は玉石混合でブラック企業やホワイト企業などが色々混ざってしまっているのが現状です。

なぜならハローワークは求人広告料をもらっていないためどんな企業でも実態があればハローワークに掲載させてもらえるという背景があるからです。

それでもしっかり選択して求人情報を吟味すればホワイト企業を見つけることが可能です。さて次はどのように求人情報を吟味するかポイントを説明していきます。

害者がホワイト企業を探すためのポイント

trudi1 / Pixabay

さて今からどのようにホワイト企業を探しだすことができるのか1つの方法を教えます。まずは自分の頭に思い浮かぶ会社を書き出してみましょう。

思いつく企業名をノートに書き出す


当たり前の様ですが意外とやらない人が多いのでぜひ意識してあなたが知っている企業名をノート書き出しましょう。

例えばYahoo、KDDI、CANON、FUJITSU、パナソニック、トヨタ、三井住友銀行など普段から馴染みの深い企業が思いつくはずです。

こういった普段から日本人が生きてく中で一度は聞いたことある会社が出てくるはずです。

書き出した企業のライバル企業も書き出してみる


今度はライバル企業も探してみましょう。例えばYahooであれば楽天、GoogleなどがありますしKDDIであればドコモやSoftBankなどが思いつきます。

もし分からなければネットで"〇〇会社のライバル企業"とでも検索すればどのような会社がライバル社なのか情報を得ることができます。

リクナビNEXTに登録する

今度はリクナビNEXT に登録します。リクナビNEXTは審査に通った優良企業だけが掲載を許されている求人サイトなため登録して最近ではどんな企業が求人を出しているのか分析していきます。

興味がある企業があればその企業が後ほど紹介する安心な転職斡旋会社の求人にもあるかどうかまた類似企業やライバル企業があるかどうかキャリアカウンセラーと一緒に確認しましょう。

リクナビNEXTを利用するメリットとしては転職適正診断が無料でできることです。

害者雇用転職斡旋会社編

ハローワークだけではどこの会社が本当にホワイト企業なのかまたはよさそうに見えても実際はブラック企業なのか把握することができません。

しかし転職斡旋会社はどの会社がホワイトなのか把握することができます。

転職斡旋会社は転職活動をしている人が安心安全に転職できるように配慮しているためです。

もし仮にブラック企業へ紹介してしまいすぐ仕事を辞めてしまうと企業からお金がもらえないしそれでは事業が成り立たないのです。

なので優良企業やホワイト企業かどうかしっかり審査した後に初めて紹介できる求人情報として掲載できるようになります。

よって転職斡旋会社が紹介できる会社はほぼほぼホワイト企業と言えます。こういった理由からもし障害者の皆さんが転職活動をするならばハローワークと転職斡旋会社の両方を並行して転職活動をするべきなのです。

さらに転職斡旋会社のハローワークよりもいいところは企業と面接をした後にフィードバックがもらえるというところです。

面接後にどういうところが良かったのかまたどういったところがもう少し欲しかったのかなど次につながるフォローをしてくれます。

転職斡旋会社に登録して面談に行っても費用はもちろん0円なので安心して行けます。

就職斡旋会社は転職者からではなく転職者をうまく転職させた時にその転職先の会社から報酬をもらえるのでわざわざ転職者からお金を請求したりしませんので安心してください。

転職者にとって転職斡旋会社に登録することはかなりのメリットになります。

なので気になる転職斡旋会社があればばしばし登録しましょう。

障害者の転職おすすめ

このページはプロの転職カウンセラーが皆様がわざわざ仕事探しのためにインターネット上を探し回ったりする時間を簡略化できるように転職サービスなどの情報を厳選してまとめています。 プロのキャリアカウンセラー ...

続きを見る

お勧めの障害者専用求人サポート会社はどこか?

ここで障害者の方がしっかりと転職できるように過去に僕が安心して利用できたホワイト企業を充実して紹介できる転職斡旋会社を紹介していきたいと思います。

DODAチャレンジ

まず1社目はdodaチャレンジです。DODAのページより下の方へ行くと関連サイトでDODAチャレンジのページまで行きますのでそこから登録してください。

DODAチャレンジは経験豊富なキャリアカウンセラーがおり多くの企業と過去に渡って取引をしてきました。そのため大企業のバリアフリー対策や障害者にやさしい働きやすい会社づくりなど優良企業と共に考え採用活動に関わっています。

障害者雇用に関する経験値は高いため安心して面談などを依頼できます。ハローワークなども面接対策や履歴書対策もしてくれますがDODAチャレンジはさらに深い内容や企業単位での面接対策をサポートしてくれます。

普段から優良企業の人事部などと顔合わせ(実際に会ったり)しているためどの企業がどんな人材が欲しいのか熟知しています。

DODAチャレンジに任せればお勧めの障害者求人をくまなく探してくれます。求人数も業界ではかなり多く転職活動中にいろんな企業を紹介してくれます。

ットジーピー

アットジーピー【atGP】は身体障害者だけではなくADHDやうつそしてアスペルガーなどの精神障害者などの求人にも力を入れています。場所が大都会のみなので少し関東地域や名古屋そして大阪付近に住んでいる方限定になってしまうのがデメリットです。

関連記事
ADHD転職
【発達障害者の転職】ADDとADHDは障がい者枠雇用で大手優良企業に転職できる~その手順を詳しく説明

ダッチ〜今回は僕の成功体験を元に発達障害の方や精神障害者の方のための障がい者枠雇用で大手優良企業転職方法を綴っていきます。 この記事の流れ おすすめの求職活動方法 精神障害に強い転職サイト登録手順 面 ...

続きを見る

しかしながら障害者に特化している求人情報やキャリアカウンセラーの配慮はホスピタリティ満載で障害者の転職者にとってストレスなく転職活動を進めることができるます。

ルゴ高田馬場

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】も残念ながら東京付近住んでいる方のみ対象となりますが障害者に特化しているため転職活動のフォローアップはかなりいいと評判です。こうした障害者に特化した転職斡旋会社を通して転職活動をすることでブラック企業に間違って転職してしまう可能性がかなり減ります。

ハローワークと転職斡旋会社を並行してすすめる

さて上記の気になった障害者転職斡旋会社へ登録したら早速新規面談に行ってカウンセラーと共に転職活動を開始しします。その間にもハローワークへ足を運ぶことをお勧めします。

なぜならハローワークでも定期的に合同面接の機会がありそこで優良企業の人事部の方と対面面談ができるからです。

さらに転職斡旋会社も障害者に特化した合同面接会がありそこで1次審査が行われます。履歴書などはキャリアカウンセラーがアドバイスや添削をしてくれますのでその指示に従いましょう。

履歴書を作成していると同時に自分のこれまでのキャリアをしっかり面接官にはっきりと伝えられるように自分の強みや弱みなどを把握することも大切です。

まとめ

今回は実際に経験したことをまとめました。この方法で転職活動をしたおかげで1カ月くらいで仕事を見つけることができました。転職活動は戦略的に行うことで成功できますので皆さんもがんばりましょう。

-障害者転職

Copyright© お得情報満載 , 2019 All Rights Reserved.