お得情報満載

生活向上サイト

rawpixel / Pixabay

障害者転職

障害者でも転職前に安心して働ける人間関係がいい職場か知る方法とは?

更新日:

障害者が働く上で重要なのは実はどんな仕事かよりも職場の人間関係が大切なのです。これは障害者だけでなく一般的な話でもあります。

障害者転職者の3割が実に一年未満で退職してしまうそうで障害者を雇用して長く働いてほしい企業としては頭を抱える状況です。

厚生労働省の報告によりますと障害者への虐待やいじめなどの報告が年々増えてきています。というより昔からその様ないじめがあったと考えられます。

障害者労働で問題となっているのがいじめです。知的障害者に対する超低賃金支払い問題(時給200円)や精神障害者の女性に対して性的な嫌がらせそして身体障害者に対する暴言など様々な問題が浮き彫りになっています。

転職エージェントも出来る限り障害者の方がより心地がいい働きやす転職先を探すという使命を持って頑張っている状況です。

もしこの記事をご覧になっている障害者雇用枠で転職を考えている方やその家族の方がいましたら障害者雇用で安心して働ける職場を見極める方法を紹介します。

働くということは人生を左右する重要な要素として位置付けられると言っても過言ではないので転職先企業が今後自分にとって有益な場所なのか事前に調査することが大切なのです。

障害者雇用のインタビューページがある会社

障害者雇用の特設ページがある会社とはその会社のホームページに活躍している障害者雇用で働いているページがあるかどうかです。

例えばFujitsuのこちらのページなどが良い例です。

Fujitsu障害者雇用

この様に障害者が自分らしく障害を感じることなくチャレンジしている姿が垣間見れるページがある企業は障害者に対して理解があると考えられます。

勿論この様なインタビューページがなくても優良企業が多くありますのでこれだけでは判断する必要はございません。

もし将来的に二つの会社から採用されて迷った場合はこの様なページがあるかどうかで最終的に決める判断材料として使えます。

社員同士のコミュニケーションが上手な会社

コミュニケーションがしっかりとれる職場の雰囲気が強い会社は障害者にとって非常に働きやすと言えます。

何かあれば相談しやすい雰囲気があったり他の社員が気さくに話しかけたりしてくれる職場は社員同士の信頼関係も高まるため障害者にとって長く働ける場所となります。

勿論精神障害で対人障害者を抱えコミュニケーションに問題がある方には話しかけてではなくEメールやチャットなどでコミュニケーションを図るなどそういった工夫ができる職場は大手企業を中心に増えてきています。

コミュニケーションが上手な会社か調べる方法

面接の時に職場のコミュニケーションという観点から質問したり転職エージェントがそういう裏情報を知っていたりするので聞いてみましょう。

上司を評価できる会社

上司評価制度を導入している会社が最近ではふえてきています。良い上司がいる会社は良い職場環境が非常に成立しやすいです。

部下が上司を評価する制度はハーバード・メディカルスクールの名誉教授である、ハリー・レビンソンが提案し企業へと普及したのです。

ちなみにこの評価のことを360°評価と呼びます。

私の実の兄が携帯の大手優良企業で働く障害者なのですが上司評価制度を導入してから今まできつい物言いが丸くなった様です。

匿名で上司を評価できる様でそう言った仕事以外の素行での上司に対する意見は上司自身も言われてからようやく気づく様です。

上司評価制度の導入はより職場の雰囲気を良くする引き金になりうるのです。

この360°評価を取り入れている有名企業はGoogleやKDDIなどが知られています。

上司を評価できる会社かどうか調べる方法

面接の時に面接官に聞くこともできますし、上司評価制度などを検索してみても構いません。

一番早いのが転職エージェントのカウンセラーに聞いてみたり転職フォーラムの時に聞いてみるなどしてください。

育児休暇制度などがしっかりしている会社

こちらもようやく最近になって大手企業が推進、整備している労働環境です。

以前ですと妊娠したら辞めろとか育児休暇が長すぎるとかそう言った人として品格に欠ける発想をする社員が居ましたが現在大手の一部や理解力のあるベンチャーではかなり改善されてきています。

なので育児休暇制度がしっかりした企業で働く社員の人間性や品格のレベルが高い傾向にあります。

出産や育児とは何か?をしっかりと考えられるので産休を取っている社員にいちいちぐちを言わずにサポートするという思考を持つのでそう言った寛大で理解力のある職場は必然的に障害者への配慮がなされます。

育児休暇制度などがしっかりしている会社かどうか調べる方法

まず何を持ってしっかりしている会社かどうか基準がわからない方も多いのでインターネットで育児休暇制度を導入している会社を探しどのような育児休暇制度があるのかをまず調べてみてください。

因みに基準は公務員の育児休暇制度と照らし合わせることが一番手っ取り早いです。何故なら公務員の基準は法律に沿って作られた基準だからです。

もし興味ある会社が公務員の育児休暇制度より良さそうであれば受けたい企業候補リストにあげときましょう。

個性を尊重する風土がある会社

私が最も尊敬できる考え方をする人間の特徴として「障害者も個性」と捉えることができる人間です。社員一人一人がそういった考え方を持っている会社または会社の思想がダイバーシティーを大切にする考え方であればその会社は優良です。

ダイバーシティという言葉が正に個性を尊重する考え方なのでインターネットで「ダイバーシティ 障害者採用」などと検索して引っかかった企業があれば受けたい企業の1社としてメモしておきましょう。

個性を尊重する風土がある会社を調べる方法

インターネットでダイバーシティと企業などで検索をかけると出てくるかと思います。

後は転職エージェントや面接時に障害はどのように勤務しているのか聞いてみるのも手です。

敬語や丁寧語を使う社則がある会社

障害者は人の言動に人一倍敏感です。特にメンタル面で繊細な精神疾患を抱える障害者の中には実際敬語や丁寧語以外脅し口調と感じてしまいます。

強い調子でものを言われたり、強い立場からものを言われただけで怯えてしまう精神的に脆い方が精神疾患を抱える方が多く存在します。

相手の調子がどうであれ、冷静に議論を進めて自分の主張を表明して相手に納得させることが一般的なビジネスのやりとりですが一部の精神障害者の方には無理です。

精神障害者が働きやすい会社の目安として社則などで社内言語が丁寧語を話すところです。

例えば、「お疲れ様でございます」と言わなければならない皆さんが一度は聞いたことのある大手保険会社が存在します。

言葉使い一つだけでも障害者の働きやすい環境かどうか知ることができるのです。

敬語や丁寧語を使う企業を調べる方法

インターネットでは中々見つからないです。転職エージェントのカウンセラーに聞くかSNSで質問を投げかけてみるしかないです。

有給消化率が高い会社

有給消化率の高い会社は「俺、私がいないと仕事が成り立たない」と考えている人が少ない、よって人に責任ある仕事を任せたり同僚に休暇中仕事を任せたりできる会社なのでしっかりと組織化されていると考えられます。

しかしながら有給消化率の話はあまり面接の時にするものではありませんので気をつけてください。

有給消化率が高い企業か知る方法

転職エージェントに聞いてみるか就職専用の口コミサイトで見つかります。

なるべく転職エージェントのカウンセラーに聞く様にしてください。

企業情報を口コミサイトで調べる

求人情報サイトで第三者が企業の風通しの良さや待遇面、評判などを載せています。ただし登録しないと見れない場合がほとんどですが登録しても無料なのでどんどん登録してみましょう。

会社の悪口などは殆ど書かれていませんがもしあったとしても個人レベルの話しであれば気にする必要はございません。

口コミで知っておきたい情報

  • 待遇面
  • 福利厚生
  • バリアフリー
  • 残業時間
  • 障害者雇用
  • などは口コミを通して知っておきたいポイントです。決めつけていけないのは残業時間です。

    口コミで元社員や現役社員が残業時間月80時間などと言っているのを見て残業時間長い会社だから受けるのやめるとかはしない方がいいです。部署が違うだけで残業時間も変わります。

    転職エージェント利用する

    障害者で転職希望の方は特に転職エージェントを利用した方がいいです。健常者の転職希望者は多いですが障害者は母数が少ないためネット中探し回っても自分が興味ある企業の情報を中々探せません。

    だからこそ企業の人事部と普段から接している障害者専用の転職エージェントカウンセラーと話をすることにより色々とその企業について話してくれます。

    在宅勤務可能か

    在宅勤務可能な企業は年々増えています。障害者にとって在宅勤務は働きやすい環境と言えます。

    例えば、足が悪い身体障害者の方が雪の日に通勤するのは非常に酷ですし、精神疾患を抱える障害者の方は朝体調が悪くなったら在宅勤務に切り替えるなど臨機応変に対応出来る企業だと非常に働きやすいのです。

    特にうつ病を抱える精神障害者の方にとってこの在宅勤務は非常にありがたいのです。

    うつ病を抱える精神障害者の多くは真面目で繊細な性格をしていますので仕事を休むことに対して強い罪悪感を抱きさらに強いうつ症状を引き起こし負のスパイラルに陥ってしまいます。

    もし在宅勤務があれば多少気分が悪くなっても薬を飲んで対処できます。更に仕事を休まなくても良くなり罪悪感を抱くことなく安心して仕事ができるのです。

    まとめ

    今回は障害者でも転職前に安心して働ける人間関係がいい職場か知る方法とは?というテーマで方法論をいくつかご紹介しました。

    転職は人生を左右する一大イベントですのでじっくり企業が自分に合っているか見極め必要があります。

    今回紹介した方法で全てに当てはまる企業は中々ないですが大手優良企業ならほぼ備わっています。

    安心して転職しその転職先企業で長く働くにはリサーチをすべきだと思います。

    しかしながら自分一人では時間もかかるので転職エージェントに色々聞くことで負担は軽減されるでしょう。

    いい転職先が見つかりますように。以上

    -障害者転職

    Copyright© お得情報満載 , 2019 All Rights Reserved.