お得情報満載

生活向上サイト

海外

日本人は外資系企業で通用するのか?インターンシップをして感じたこと

更新日:

タイトルでは世界と云う言葉を用いている。あくまでこれはアメリカと云う国が世界から集まってきた移民たちでできた国であり、その社会で構成されたアメリカ企業を世界と云う言い回しにしている。

そのアメリカ企業の人材についてのテーマである。

アメリカの採用方式

アメリカ式の人事部採用は日本と異なる。アメリカの企業は新卒から採用するのではなくある程度の経験者を求めることが一般的である。

さて今回はアメリカの採用手法を語りたいと思う。新卒からすごくいい企業へ入るためにはやはりインターンシップが必至となる。
インターンシップの手法は主にOJTであるが人事や現場の先輩方は貴方が優秀な人間であるかを見極める場でもある。

インターンシップ生として選ばれること自体素晴らしいのですが陰ではさらに選抜されているのだ。

例えば協調性、リーダーシップ、コミュニケーション能力といった人間の多面性を見る場所でもある。インターシップで目にとまった新卒の学生はそこで企業へスカウトされる。

よほど優秀な大学もしくは何か特別な技術を持っていなければこのプロセスで採用されるのはほぼ不可能である。

私がアメリカ企業でインターンシップをした時に心がけたことは以下のことである。

  1. 上司のデスク周りを見る
  2. なるべく早く出社する
  3. 先輩がどのようなビジネスアプリをどのように使っているのかなど細かい部分をチェックする

この先輩のビジネスアプリをどのように使っているか把握することは以外に大切である。
発想力豊なアメリカでは奇抜な使い方をしたりする人がいて私にとって常に新鮮であった。

実は日本人は優秀な民族である

日本人は世界的に見ても優秀な部類であるということは周知の事実である。その日本人の優秀さを生かした仕事の仕方を発揮するのが大切である。

ここで云う日本人の仕事の仕方というのはきっちりと仕事をすること。誰よりも早く出社すること。

勤勉であることなどが考えられる。これらは当たり前のようであるが外国では当たり前ではない。

日本人同士では気づきにくいことである。なぜなら日本人のほとんどが当たり前にこなしている行動だからである。

この素行は日々の協調性や信頼性を生み上司からも好かれアメリカ企業で就職できる一本の糸となりえる。

日本人は平均して優秀であると言われておりあくまで個人的な意見だが同意する。

そしてまた私のアメリカへ留学した多くの日本人の友人も同意している。

日本人も敵わない一部の天才アメリカ人

アメリカは資本主義、そして弱肉強食の世界である。なので日本人よりも一部の優秀な人間にまれに合うことがある。

その時の私の口から出た一言、”天才だ!”数年間留学してきたが一度も本当に優秀だと思える人材にこれまであったことがない。

まるでオリンピックメダリストを間近で見るような感銘を覚えた。

心のどこかでこういう人間に会いたいと思っていた。まさにインターンシップで胸を膨らませ期待をしていた人材に会えたのだ。

もう勝てないことは一目瞭然であったが、どこか胸の中で勝てる部分があるだろうと過信をしていた。

例えば頭の中でこんなことを想像していた。
”きっと頭がいいから勉強時間も短く長時間労働に慣れていない、記憶力なら負けない、おおざっぱな国民性である。”そんな相手の欠点を頭の中で平然と見下していた。

しかし彼は違った仕事が終わった後もひたすら仕事の業界用語を記憶していた。

そして業務の流れを勉強しオフィス環境を高めようと必要に応じイスやデスクトップまた引き出しなどをカスタマイズしていた。

さらにはExcelでマクロを作るなど常に効率性を求め快適な職場環境を自ら創造していた。

すさまじいやる気が感じられた。もはやお手上げ白旗状態でした。これが世界の壁である。

しかしながら何となくほっとしている私がそこにはいた。夢見た人材に会えたからだ。

出勤時間より1時間早く出社し仕事に取り掛かる私の専売特許が崩れた。彼はもっと早く来ていた。

切磋琢磨努力する彼を横目で見ながら自分なりに考えさせられた。

彼のおかげで私自身も感化され仕事に対する意欲が上昇し始めて競争社会の喜びを知った。

アメリカは本当に個性を重んじるのか?

インターシップを始め3カ月後にようやく個々の性格が表れるようになった。もうすでに知っていることだがアメリカ人は個性の強い人たちが多い。

例えばこんな話を聞くことがある。日本では人と違うことをやると集団から外される。

協調性がない人間であるというレッテルを張られる。それに対しアメリカは個人を尊重する国と言われている。

しかしながらアメリカでもあまりにも個性が強く他人や会社の利益にならない個性などは集団から外され協調性がない人間とみなされる。

アメリカ企業で働く機会がある方はしっかりと次のことを留意しておくことを勧める。

アメリカという自由の国で生活していたとしてもある程度協調性そして集団の輪に入る人間性を磨くことを勧める。

日本は集団社会なので日本にいること自体がいい勉強場所である。

これから留学また仕事でアメリカへ行く予定の方々はしっかりと現実と向き合ってください。

アメリカ企業の奇抜な教育方針

アメリカ人からこんな話を聞かされたことがある。素晴らしいOJTを行っている企業がある。

アメリカ企業というと先ほど申し上げたようにある程度経験がある人間を採用する傾向にあるがこの企業は新卒採用もある程度行うようだ。

いわゆる日本の新卒採用制度と似ている部分がある。この企業のOJTではdignityということを大切にする”尊厳”という意味である。

たとえ新しく入ってきた新入社員がミスをしたとしても怒らない、この企業の方針で怒こることにより脳を委縮させモチベーションを下げてしまう。

またはアメリカ社会で問題視されているうつ病を引き起こす原因となりえるそういったマイナス要素を避けるために怒るという行為は一切取らない。

新入社員に調子に乗らせることが大切であると述べていた。ここで疑問に思う人もいるかもしれない。

怒らないと成長しない 。厳しく叱責することにより相手の脳をクリアにし洗脳していく。そういった激しい記憶を植え付けることにより仕事を覚えていくと期待する人もいるだろう。

彼の会社は違うようだ。彼がミスをしたときに上司は笑いかけ、そして怒るという手段を選ばず代替案を考えるのである。

ある新入社員がやらされたことはとてもこっけいなことである。

取引き先に手配するはずの商品の発注ミスにより取引き先の信用を失ってしまった。

そのため彼が与えられた任務はその商品を競合他社の商品と比べた時の良し悪しを比較しCEOの前でプレゼンをしていくというものであった。これには脱帽である。

これは社長と直接話すことによりすさまじい印象となり、恐らく彼の記憶として相当深く刻まれたであろう(笑)。

そして初心者の目線から見ることができる新入社員の意見は非常に会社にとって重要ようなものである。

当時新入社員だった彼は失敗をしてもいつも微笑んでる上司を申し訳無さそうに見つめているとこう言われた。

"失敗を恐れず前に進みなさい。もう反省してることなんて分かっているし、そこを一々叱責してもあなたのdignity(威厳)を下げるし会社のメリットにならない"

この常に前向きな寛大さが若手社員を早期にリーダーシップという舵取りができるようにするのだ。

サービス精神とGDP、効率性と生産性

もし日本人が完ぺきに英語を話すことができるならばほとんどの場合アメリカ社会で通用するビジネスマンとなり得るであろう。あとは柔軟性そして寛大さを持つことが重要である。

会社は本来やりがいがあり成長できる場を提供してくれるところでもある。

しかしながらサービス残業が多く定年退職まで家庭のATMになり退屈な人生を過ごしていく日本人が多いのではないかと思う。

お客様を神様と考える日本人志向は素晴らしいと思うがあまり共感できない。

究極のサービスを追求するがゆえにサービス単価が下がってしまう。その為残業が増えてしまう。

GDPの計算は労働時間数で割る為残業すると低い評価に繋がる。労働生産が悪いと言われてしまう。

ここで勘違いする人が多いのが日本人は仕事効率は非常にすぐれているということだ。

しかし生産性は低い。効率性と生産性は似ているが具体的には違う。

厳密に言えばまず労働生産性は主に2つの要素がある。

それは付加価値労働生産性と物的労働生産性で前者がGDPにはてはまり、費やした時間に対してどれだけ価値のあるものを提供できたかにあたる。

後者は費やした時間における販売金額や生産品の数量を示しす。労働生産性からお金という概念を取り除くと単なる効率性になるのだ

自動車生産で例え話しをすると日本人従業員一人当たり一時間に3台生産できるとするとアメリカ人従業員は2台である。即ち効率性だと日本人が優っている。

今度は自動車を売る作業を考えてみる。日本人従業員が一人の客に接客する時間は平均2時間に対しアメリカ人従業員は30分である。結果アメリカ人従業員の方が多く車を販売した。

言い換えると一日当たり売り上げが多いのはアメリカ人従業員の方が優っている。1日一人当たりどのくらい売り上げたか、即ち金が絡むと効率性ではなく生産性という言葉を用いるのだ。

日本人の思考がデフレを招いていることに気づく必要がある。ある程度節度を保ち最低限のサービスを提供することを心掛けるべきである。

究極のサービスを提供して競争に勝つことはデフレスパイラルを招くことになる。

日本人からするとアメリカのサービスはおおざっぱと捉えるが実際はサービス単価を下げない常とう手段とも言える。

アメリカ人の奇抜な発想力そして日本人の究極のサービスを追求するこの二役が一つとなることによって新たな付加価値が生まれ高いサービスを提供できようになると考える。

特に 数字を伸ばしているICT企業のほとんどはアメリカ人経営者と日本人を含めるアジア人のプログラマーといった構成の会社が多い。

日本人の世界に対する需要は今後も期待していいといっても過言ではない。

後は若者が羽を伸ばして、そして調子に乗っても釘を刺さない寛大さを持てる日本社会になれば、Facebookなどに引けを取らない世界の頂点に君臨する日本人発のベンチャー企業が出来上がるだろう。

-海外
-,

Copyright© お得情報満載 , 2019 All Rights Reserved.